GWは6つの修行プラス1で立派な忍者を目指そう!

8a6a1ae7e6c73bcea478e603ad22ced4_s

以前、3つ子の魂100までも! 紀伊半島で子供の将来が決まるかも!?という話をしましたが、流石のキッザニアでも出来ない夢の職業体験が今、同じ三重県の町で出来るのであります。

伊賀と言えば忍者の故郷

三重県の北西部に位置する伊賀市は、隣接する滋賀県甲賀市と並ぶ忍者の故郷!
伊賀城公園内にある「伊賀流忍者博物館」は、今や入場者の1割が外国人観光客という世界的にも人気の体験型テーマパークです。
館内の忍者屋敷は、油断大敵のからくり屋敷で、他に、手裏剣投げや暗号・九字法・人相学といった忍術を学ぶ事も出来ます。

GWは忍者になろう!

そんな伊賀忍者の故郷では、ゴールデンウィーク中、街中に忍者修行の出来る道場が多数登場し、上記の博物館にはない様々な忍者体験が出来ます。その名もズバリ「伊賀上野NINJAフェスタ」!

気分はすっかり忍者ハットリくん!

まずは、やっぱり恰好が大事!
あの独特の忍装束を身につければ、少なくとも、見た目だけは誰でも立派な忍者になれます。
という事で、伊賀市の観光名物の一つ、本物の忍者衣装を着て城下町を散策出来る体験プランです。
料金も一人1,000円と実にお手頃で、おなじみの赤や黒の他、青や黄色、さらにはピンクと、カラフルなラインナップも自慢!
しかも、こちらは、大人も子供も、ついでに愛犬も大変身出来るとあって、少なくとも、これだけは家族みんなで挑戦したいところですね。
<詳細>→伊賀上野 NINJAフェスタ – 忍者変身処

6つの修行で立派な忍者に!

忍者はかつて、殿様の忠実なる手下で、護身活動や情報活動に貢献した立派なお仕事です。
そんな忍者独特の装束を身につければ、気分は正に忍者ハットリくん!子供たちは可愛いシンちゃん忍者と言ったところでしょうか!?
それでは、早速6つの道場で修行を積み、上忍と呼ばれる一流の忍者を目指しましょう!!

修行1、吹き矢の術

忍者と言えば手裏剣!というイメージが強いと思います。
しかし、実は多くの忍者はそれと同じくらい吹き矢も得意で、本当に優秀な忍者は、むしろ、手裏剣以上に呼吸を整える必要のある吹き矢の方を好んで使ったとも言われています。
という事で、息を貯めながら精神統一したら、的めがけて思い切りフー!見事命中するかなぁ?

修行2、火消しの術

伊賀忍者の大切な小道具の一つが行灯で、その光を頼りに、一瞬にして周囲の状況を掴んだら、即座に火を吹き消し、身を潜めたと言います。そこで、その行灯に見立てたろうそくの火を一息で何本消せるかに挑戦!
先の吹き矢で面目ない結果に終わってしまった方も、名誉挽回のチャンスです。

修行3、弓矢の術

忍者としての息づかいとともに心得もちょっとは身に付いて来たところで、その成果を試すべく、弓矢に挑戦!
さあ、いよいよ本格的な忍者修行らしくなって来ました。
ただし、ここまでが的外れの修行ばかりで、バッチリ集中力が身に付いていなければ、物の見事に的外れとなるので、ドキドキわくわくですね。

修行4、空中渡りの術

精神面が鍛え上げられたら、お次は体力トレーニングです。
特に忍者は、狭いところで動き回ったり隠れたりするために、這ったりぶら下がったりは日常茶飯事!そこで、いかなる状況でも、腕だけで我が身を支えられるように、手の力を特に鍛えていたと言います。
という事で、天井すいすい道場では、太い竹の棒にぶら下がって、こちらの天井からあちらの天井まで、いかに素早く渡りきれるかにチャレンジ!
勿論、落ちたらおしまいなので、大事な試験を控えた方や受験生は、絶対に失敗出来ないですね。

修行5、パズルの術

やっぱり忍者は頭が良くなければ勤まりません。そこで、地元の高校生たちが作った木製パズルに向かって、いざ、勝負!
手裏剣を巧みに埋め込んで一つの絵を作ったり、画像の中に隠れている忍者を探し出したりと、これでも実は、指先をしっかり鍛えているんです。
されど、中々解けない時は、しばし体を休めている最中とでも称しておきますか!!

修行6、手裏剣の術

お待たせしました! 締めくくりはやっぱり手裏剣!! この技をなくしては忍者とは言えません。
ここまで来れば、立派に忍術が使えるものと見なされ、本物の手裏剣を的に向かって投げる事が出来ます。これまで散々だったお父さんは、親父の威厳を見せつけるラストチャンスですよ。

「まちかど忍者道場修行ブック」でお得に忍者の故郷を散策!

いかがですか?どれも面白そうで、大人も子供も夢中になれる事間違いなしでしょう。
因みに、いずれの体験も1人1回200円ですが、1冊1,000円の「まちかど忍者道場修行ブック」というガイドブックを購入すると、上記6つの体験プログラム全てに参加出来ます。
そして、個々の道場で修行の成績からポイントが付けられ、その合計で「上忍」・中忍」・「下忍」の認定がされるのです。

プラス1のイベントで誰もがドキドキわくわく!

でも、流石におじいちゃん・おばあちゃんやプレママがこうした忍術に挑戦するのは危険です。
そこでお勧めしたいのが、プラス1として用意された「まちなか忍びの者を捜せ!」というプログラム!
こちらは、今回の忍者フェスタのメイン舞台となる銀座通り・中之立町通り・本町通りから農人町通りに潜む忍者全てを見つけ出せれば、素敵なプレゼントがもらえるという誰もが気軽に参加出来るイベントです。

最後は温泉で疲れを癒やそう!

ガイドブック「まちかど忍者道場修行ブック」には、飲食店やお土産物屋さんで使える500円のクーポン券まで付いて、とってもお得!!忍者の携帯食である羊羹だって買えちゃいます。
おまけに、裏面は市内6箇所の温泉施設で利用出来る割引券になっています。忍者も人の子、最後はやっぱり温泉でほっこりが最高でしょう。
実際、ゴールデンウィーク中の伊賀の城下町は様々な仕掛けと催しが一杯で、忍者になりたくなくても忍者にされそうなくらい!!
是非、家族や気の合う仲間と散策してみられてはいかがでしょうか。
NINJAフェスタ – いがぶら 伊賀市観光公式サイト

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

ダウンロード (9)

2016.1.9

なぜUSJが絶好調なのか、5つの理由

12月24日、テレビ番組にてUSJの復活劇が特集されていました。初年度こそ活況を呈していたものの、二年目以降は来客者数も激減。 そこでとあ…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る