• 2015.12.17
  • EXILEデザインの環状線で行く大阪3大グルメスポット紀行 はコメントを受け付けていません。

EXILEデザインの環状線で行く大阪3大グルメスポット紀行

imasia_106898_M

東京では、都心部の移動には欠かせない環状線「山手線」に新型車両が導入され、大きな注目と話題を集めましたが、そんなところに目を奪われてばかりはいられません。実は大阪にも、山手線と全く同様の機能と役割を持つ環状線が走っていて、その名もズバリ「JR大阪環状線」! 大阪駅を起点に、再び大阪駅までグルリ1周、19駅を約40分で走行します。因みに、時計回りに回る外回りが、大阪駅→京橋駅→鶴橋駅→天王寺駅→西九条駅→大阪駅方面となり、反対の内回りが、大阪駅→西九条駅→天王寺駅→鶴橋駅→京橋駅→大阪駅方面となる訳ですが、なんと、この大阪市民の足とも言える路線が、あの人気アーティストたちとコラボしているのです。
◆大阪環状線とEXILEがコラボ!
近頃では、どっと押し寄せる外国人観光客の間でも“大阪ループライン”の愛称で親しまれる様になっている大阪環状線は、文字通り、大阪都心部の外周を環状運転している謂わばぐるぐる列車ですが、その駅数は19! そして、その数は、人気パフォーマー集団「EXILE」のメンバーの数と同じなのです。そこで、EXILEのアルバム「19‐Road to AMAZING WORLD-」がリリースされた2015年3月、彼らの所属するエイベックスとJR西日本では、“EXILE19人と大阪環状線19駅が大阪を楽しくする19!!という共通メッセージを発信するコラボレーションキャンペーン」を開催! これまでにも様々な企画が展開されて来ました。
◆思わぬピンチが・・・!
JRとEXILEがタッグを組んで環状線を盛り上げるアイデアは評判上場! だったのですが、その後、3人のメンバーがEXILEを卒業する事が決まり、困った事に16人と、環状線の駅数よりも少なくなってしまう事態が発生する事になってしまったのであります。という事で、このコラボ企画も年内で終了! それを惜しむべく今、EXILEのポスターがデザインされた特別車両が日に何度となく走っていて、それを目当てに、わざわざ環状線に乗りに来るファンが押し寄せる状況が続いています。

■環状線で行く大阪3大グルメスポット紀行はいかが?
確かに、EXILEのメンバーがデザインされた特別車両に乗るのは、ファンにとっては楽しい事なのかも知れません。とは言え、結局は、単に電車に乗るだけですから、心のそこからワクワク出来るのは、それこそ子供か乗り鉄かという感じで、多くの方は、一回りすれば、それでおしまい!! それだけにわざわざ遠路はるばる大阪を訪ねるというのももったいない話でしょう。ですが、環状線沿いには、大阪が誇る3大グルメタウンが存在しているのです。となると、その3つの街を食べ尽くすという新たな計画を持って乗車出来る事になり、益々楽しみが増すのではないでしょうか。
◆大阪3大グルメタウン1、沖縄の香り漂う大正
大阪駅から環状線内回りで5つ目の駅「大正」は、別名「リトル沖縄」と呼ばれ、「サンクス平尾」という商店街の目抜き通りを中心に、和夫多くの沖縄料理の店が軒を連ねています。実は、ここ大阪市大正区は、区民の約4分の1程度もの人が、元を正せば沖縄の出身となる正しく沖縄村! 商店の屋号や軒先の表札を見ると、いかにも沖縄県民という名前が並んでいて、シーサーと呼ばれる獅子の魔除け飾りが置かれているところも少なくありません。よって、ここへ来れば、間違いなく、本場沖縄の味と香りが堪能出来る事でしょう。
◆環状線で行く大阪3大グルメタウン2、本格韓国の味が堪能出来る鶴橋
一方、大阪駅から反対の外回り線に乗り、7つ目の駅「鶴橋」で下りると、たちまち焼き肉の香りが漂って来ます。ここは、ナニワのコリアンタウン! 先の大正が沖縄村なら、正真正銘の韓国村で、やはり、住民の多くが在日韓国人です。当然の事ながら、焼き肉屋さんの数も中途半端ではありませんが、それ以上に、その商店街は、国内最大級の韓国物産マーケットと言われ、様々なコリアン食材と工芸品などの物品を容易に入手する事が出来るでしょう。
◆環状線で行く大阪3大グルメタウン3、これぞナニワの新世界!
とどめは、内回りで先ほどの大正から2つ目「新今宮」下車!! もう一駅乗って天王寺で下りれば、今噂の「あべのハルカス」が聳え立つ副都心が広がっている訳ですが、その目と鼻の先なのにも関わらず、こちらは、元祖ナニワのシンボル「通天閣」が建ち、その袂に、今も尚、古き良き時代の大阪を思わせる下町が広がっています。でも、呼称は「新世界」! 確かに、じゃんじゃん横町と呼ばれる飲食店街では、串カツやホルモン焼き、たこ焼きなど、大阪グルメを堪能出来る店がズラリと軒を連ね、何故か若い女性で大賑わいですから、そこは正しく古くて新しい新世界なのかも知れません。少なくとも、環状線に乗車した以上、通り過ごす訳には行かないスポットだと言えるでしょうね。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_19174241_M

2015.12.5

秋の京都で絶対に見逃せない3か所

京都と言えば年中見頃とされている所ですが、一番の人気は秋です。 秋の京都はなまじ海外旅行よりも高くつくとさえ言われている程ですが、それは紅…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る