• 2015.10.6
  • 3Dについて はコメントを受け付けていません。

3Dについて

ガンを含めた難病の治療は当然ですが、遊園地などのエンターテイメント分野でも人間の五感を応用したゲーム類が多数登場しています。
中でも3D画像・映像・実像?を利用したアトラクション、例えば遊園地における元祖3Dと言えばお化け屋敷でしょう。
これはお化けの格好をした「人」や道具が飛び出してきます。
時に身体に触れることもあるので実にリアルです。
とはいえ人間とわかってしまえば怖さも薄れますが、3D映像を巧みに活用することにより、人間ではありえない技、宙返りや逆さ吊り、さらには突然消えたり現れたり、などが可能です。
また怖くはない幻想的な遊園地のアトラクションも3D技術を使って作れるようです。
ちなみに恐竜や動物が3Dとして出現する遊園地もあるので、子供に人気が出ています。
ただし3D映像を用いた手法は、現状において特殊な眼鏡を着用するケースがほとんどであり、個人差によって乗り物酔いのような症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。
せっかく遊園地に来たから!といって我慢をすると、取り返しの付かない事態に陥る危険があるので、特に子供への配慮が求められます。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_19557268_M

2016.3.27

3時間前からの場所取りは不要、2016年花見事情!

そろそろ桜の開花情報も聞かれ、来週末辺りは、お花見という方も多い事でしょう。少なくとも、近畿から東海、そして、首都圏に関しては、その見解は正…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る