• 2015.9.30
  • 鳥類(ペンギン)全般 はコメントを受け付けていません。

鳥類(ペンギン)全般

水族館の見所と言われる魚の中でも、特に人気が高いのがペンギンです。

ペンギンは、動物園でも見る事が出来ますが、水族館の場合には、陸地に居るペンギンだけでなく、水中を泳ぐペンギンを水槽の下から見る事も出来るので、人気も非常に高いと言えるでしょう。

また、日本の水族館には、11種類のペンギンが居ると言われていますが、11種類全てのペンギンを見るなら、8種類のペンギンを飼育している、長崎ペンギン水族館と、4種類のペンギンを飼育している名古屋港水族館がオススメです。

多くの水族館では、コウテイペンギン、フンボルトペンギンなどを飼育している場合が多いのですが、長崎ペンギン水族館では、頭に黄色い髪飾りが付いたマカロニペンギンや、ヒナのように小さなコガタペンギンも見られると言われています。

また、長崎ペンギン水族館では、水族館の半分以上がペンギンの展示スペースになっていると言えるでしょう。

ちなみに、北海道の旭川動物園は、水族館では無いのですが、水中トンネルからペンギンを見る事が出来るプールがあるので、沢山の角度から水中のペンギンを眺める事が出来ると言われています。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

SONY DSC

2016.3.13

ビックリ! 花見は元々桜見ではなく梅見だった!!

“梅は咲いたか、桜はまだかいな・・・!?”という事で、3月も半ばに入り、そろそろ桜の開花予報が気になり始める時季です。やはり桜の花が咲けば春…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る