• 2015.9.30
  • 水族館に輸送する場合? はコメントを受け付けていません。

水族館に輸送する場合?

水族館というと、サメやマンタ、エイ、イルカなど、大きな魚も多く扱っていますが、水族館に運び込む時や、水槽を移す時には、どんな風に輸送しているのでしょうか。

まず、海や、養殖場から水族館へ大きな魚を運びこむ時には、大型の魚を輸送する為のコンテナを使います。

コンテナの中には、水が張ってあるので、場合によっては、魚を薬で寝かせてから、クレーンで魚の体をコンテナに移し、陸地はトレーラーで移動します。

基本的に小さい魚なら、小さな水槽でも輸送する事が出来るのですが、大きなジンベエザメを飼育している水族館では、輸送自体もかなりの大仕事だと言えるでしょう。

特に、サメやエイなどの軟骨魚類は、海水ごと運ばないと、輸送が原因で命を落としてしまう事もあるので、かなり慎重な作業になると言われています。

ただ、海から初めて水族館へ輸入する時には、まだ成長しきっていない状態で運ばれてくるのが一般的なので、数メートルの大きなジンベエザメをそのまま輸入しているわけではないそうです。

ちなみに、イルカの場合には、皮膚が乾かなければ水を張っていなくても大丈夫なので、水をかけ流しながら輸送する事も多いと言われています。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_17880944_M

2015.12.17

USJをより楽しむための3つのポイント

12月8日、国内屈指の遊び場として知られているUSJでキャラクターグッズを万引きしたとして窃盗容疑で28歳の男性を逮捕しました。 自宅には…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る