• 2015.9.30
  • 水族館で動物赤ちゃん はコメントを受け付けていません。

水族館で動物赤ちゃん

水族館でも、動物の赤ちゃんの飼育を行っているのでしょうか。

水族館の飼育員は、普段から魚たちの飼育をするだけでなく、絶滅が危惧されている種類の魚に、子供を産ませる事も重要な仕事だと言われています。

ただ、水族館の飼育員は、動物園の飼育員と違って、母親の代わりに、飼育員が魚を育てるのは難しい場合もありますし、飼育員が就きっきりで飼育をする事も出来ないと言えるでしょう。

小さな魚の場合には、触れる事も出来ないため、飼育自体も、水質を整えるなどの環境づくりが基本ですが、ペンギンやアザラシ、イルカなどの場合には、赤ちゃんの飼育も行う事が多いようです。

また、妊娠中で神経質になっている大きな魚を、他の魚が居る水槽から、個別の水槽に移したり、体調管理などを行うのも、飼育員の仕事なので、言葉が通じない魚が相手の分、細かい事に気が付く人でないと、飼育員になるのは難しいでしょう。

ちなみに、水族館の飼育員になる為には、特別な視覚は必要ありませんが、大学で動物系の学科を卒業している場合には、飼育員の欠員が出た時に、採用に結びつきやすいと言われています。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_17880944_M

2015.12.17

USJをより楽しむための3つのポイント

12月8日、国内屈指の遊び場として知られているUSJでキャラクターグッズを万引きしたとして窃盗容疑で28歳の男性を逮捕しました。 自宅には…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る