• 2016.3.4
  • 道の駅EXPOに行ってみよう! はコメントを受け付けていません。

道の駅EXPOに行ってみよう!

pixta_20427772_M

大阪のあべのハルカス近鉄本店にて、3月10日から13日まで「道の駅EXPO」が開催されます。
こちらは入場無料ですので、春休みの遊び場としてもちょうど良いのではないでしょうか。

全国から個性あふれる道の駅が大集結!道の駅EXPO 大阪2016

10:00から20:00、最終日のみ17:00までとなっていますが、ここで「道の駅EXPO大阪2016」が開催されます。
ではこちら、一体どのような物なのでしょうか。道の駅がどのようなものなのか分かっていても、果たして何が行われるのか。
分からない人も多いかと思いますので、いくつか探ってみるとしましょう。

基本的には物産展です

何が開催されるのかよく分からない人もいるかもしれませんが、基本的には物産展です。
道の駅といえば、その地域の特産品や、地域で収穫された新鮮な野菜が販売されていたりしますが、それらを集めた物産展になります。
道の駅ならではな企画も用意されていますので、楽しい時間になるでしょう。

実は東京でも開催されました

2015年の6月、道の駅EXPOは東京でも開催されましたが、その際も大盛況でした。
人が多く訪れ、楽しんでくれました。都心ですと、道の駅そのものがあまりありません。郊外や地方には珍しくないのですが、首都圏や市街地では道の駅は馴染みのないものです。
そのためか、新鮮だと感じる人も多かったようで、おかげでとても高い注目を集めるに至りました。今回は大阪での開催になりますが、大阪も東京に負けず劣らずの大都市になりますので、道の駅そのものが馴染みがない人も多く訪れるはずです。

パネルディスカッションなど、フォーラムもある

こちらは事前に参加予約が必要ではあるのですが、道の駅フォーラムが開催されます。パネルディスカッションも行われるなど、参加者に道の駅とはどのようなものなのか、今後どのように発展していくべきかなど、道の駅に関してもっともっと知ってもらいたいとの思いから、このような企画も用意されています。
道の駅は車だけではなく、歩行者でも利用する事が出来ます。つまり、気楽に利用出来るものなのですが、一方ではあまり馴染みがない人にとっては、おいそれと利用して良いものなのかどうか分からないのです。
近付いてから「入場料○○円です」と言われてもな…と警戒している人もいるかもしれません。また、少子高齢化が進む中で、道の駅が社会的にどのような役割を担い、果たすのか。こちらも大切な部分ですが、それらを様々な形でディスカッションしてくれます。
それまで道の駅の事がよく分からなかった人でも、話を聞けばどのようなものなのかすぐにでも分かるようになるはずです。

短期間ではありますが…

開催は10日から13日ととても短いです。しかも最終日に関しては終了時間もとても早いのですが、その分内容はとても濃いです。
道の駅としては、このイベントを機に自分たちの事をもっともっと知ってもらいたいとの気持ちがありますので、しっかりとアピールしてくれるでしょう。
普段道の駅を利用していない人へのアピールはもちろんですが、道の駅を利用している人にもアピール出来ます。
また、「ついで」によるのではなく、道の駅をメインにしたドライブなどで足を運んでもらいたいとの気持ちもあるでしょう。
普段、道の駅がこのような形で注目されるケースはありませんので、主催だけではなく、道の駅もアピールチャンスとばかりに気合いが入っています。

興味本位でも全然楽しめる

基本的には物産展になりますので、道の駅の事を良く知らない人でも楽しめます。主催者としては、そのような人にこそ訪れてもらいたいと思っています。
もちろん道の駅の事を知っている人も大歓迎ですが、それまで道の駅の事を知らなかった人に存在をアピールしたい狙いがあります。
ですので、興味本位でも良いのでまずは足を運んでもらいたいと思っています。何となく近くを通ったとか、あべのハルカスまで来たからという理由でも構いませんので、軽い気持ちで立ち寄ってみてはいかがでしょう?

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

ダウンロード (9)

2016.1.9

なぜUSJが絶好調なのか、5つの理由

12月24日、テレビ番組にてUSJの復活劇が特集されていました。初年度こそ活況を呈していたものの、二年目以降は来客者数も激減。 そこでとあ…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る