• 2015.10.6
  • 観覧車の事故について はコメントを受け付けていません。

観覧車の事故について

遊園地の顔として「動」のジェットコースターに対し「静」の観覧車があります。
観覧車も高所恐怖症や閉所恐怖症の人にとっては怖いアトラクションではありますが、密室状態になれるので、カップルや家族連れには人気の乗り物のひとつです。
観覧車は動きがゆっくりしているので、安全性が謳われていますが、稀に事故が起きることもあるので、他のアトラクションと同様に乗る場合には注意が必要です。
ちなみに観覧車で事故が起きやすいのは乗り降りする時です。
観覧車はその特性上、動いている台車(ゴンドラ)に乗る・降りることが求められるので、小さい子供や高齢者は事故に遭わないように、周りの人の配慮が必要です。
また運動神経に長けた若者と言えども油断は禁物です。
事故は小さな隙や過信、思い込みなどから生まれるものだからです。
一方で観覧車が何らかの理由で止まってしまう事故も時に起きることがあります。
観覧車の場合はスピードがないので落下したり衝突するなどの心配はありませんが、高所で止まってしまうので、このような事故があると恐怖感があります。
さらに閉じ込められたという緊張感も加わると心理的パニックに陥りがちですが、何よりも深呼吸をして楽観的に考え、落ちつくことが大切です。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_3437971_M

2016.1.27

2016年サミットの開かれる伊勢志摩で冬の5大グルメを堪能!

2016年春、サミットが開催される事が決まり、世界的にもすっかり有名になった伊勢志摩ですが、実際には、そんな場所はないってご存じですか? …

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る