虫対策

夏場のキャンプで注意しなければいけないのが、虫の対策となります。
夏場の山でのキャンプと言うのは楽しい半面、虫との対決です。
虫に負けてしまうと、せっかくのキャンプも楽しくなくなってしまいます。
楽しくキャンプを行っていくのであれば、しっかりと虫の対策を考える必要があるのです。
どのような虫が居るのかも知っておかなければいけません。
先ず挙げることが出来るのが、ハチです。
オオスズメバチなどは非常に危険ですので、子供には注意しておくようにしましょう。
飲みかけのジュースなどを放置してしまうと、ハチは近づいてきますのでジュースの放置に気を付けることが大切です。
ハチの対策は近づいてきても無視をすることが一番だと言われています。
アブにも注意が必要です。
アブに噛まれてしまうと、長期間痛みが続いてしまいます。
アブの場合には、ハチのように無視をすればどこかに行くと言うわけではありません。
アブはしつこい虫になりますので、虫よけスプレーなどをかけるなどの対策が有効です。
蚊もたくさん居ますので、蚊取り線香などを持って行きましょう。
テントの中で寝る際には、蚊取り線香は必需品であると言えます。
それ以外にも、ハエや蛾などもいますが気にする必要はありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

imasia_13606157_M

2015.12.4

京都の温泉が楽しい3つの理由を知ろう

京都と言えば世界遺産そのものと言っても良い街並みのおかげで季節を問わずに観光客で賑わいを見せているエリアです。 ですがあまり知られていない…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る