自然の驚異を覚悟せよ

Business meeting on the island.

家族や友人たちとの自由な時間を楽しんでいるキャンパーたちを突如飲み込む大自然の驚異!特に近年、ゲリラ雷雨や集中豪雨による水害が毎年のように騒がれています。
しかし、実際にはこうした水害の他にも、一つ間違えば命を落としかねない危険がすぐ身近に迫っているのもキャンプの現実だと認識しておく事は否めないでしょう。
極端な話、虫や猛毒を持った植物たちの存在も、そんな自然の脅威の一つ。
まあ蚊位ならどうという事はありませんが、それでも何カ所も刺されれば辛くて厄介なものです。
きちんとテントの外側には網戸や玄関などに塗る虫除け剤を塗り、内側にも電池式の蚊取り線香などを設置した上で、自分たち自身の体にも虫除けスプレーを塗る位の念入りな防御をしてこそ、少々安心出来る部分でしょう。
さらに、まずはきちんと管理された指定のキャンプ場にテントを張って宿泊する事! これも自然の驚異から我が身と大切な家族や仲間の身を守る大事な大事な防御術!! 設備や管理の行き届いた施設ほど高価なものではありますが、それでもみんなでホテルや旅館に泊まるよりは安価でしょうし、何より、そうした充実した施設は、管理者と地元の警察や消防、そして役場などとの連絡も行き届いています。
つまり、いち早く緊急時の情報が入って来るのです。
ただ、いくらいち早く情報を入手出来ても、的確な行動を取れなければ意味がありません。
やはり管理者の支持に従い、速やかに避難するべきときは避難したり撤退したりするようにしましょう。
加えて、してはいけないとか、行ってはいけない、入ってはいけないという支持もきちんと守る事、これもとても大切ですね。
近年は特に自然を知り尽くした地元の人たちでも予測も出来ないような自然の驚異が平然と押し寄せて来る時代なのです。
私たち都心部から訪ねたものが出来る事、分かる事などたかが知れているという事をしっかり認識し、自分の能力を決して買いかぶらないよう十分気を付けましょう。
そう、大自然の中では、誰もが無知で無邪気で好奇心あふれる子供なのです。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

imasia_6283049_M

2015.12.18

一度は行っておきたい国内世界遺産3つ

12月11日、岐阜と富山にまたがる世界遺産、「白川郷」では世界遺産登録20年を祝い、ライトアップが始まりました。自然の景色も素晴らしいですが…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る