自宅を遊び場にする3つのメリット

imasia_5969320_M

11月27日、神戸新聞で報道されたように、新築一戸建て住宅で屋上を活用する動きが加速しています。太陽光パネルだけではなく、庭にしたり遊び場にするなどの動きも出てきているのは、防水技術の向上、さらには規制緩和。
これらによって屋上をプールにしたりキャンプが出来るようにしたり。様々な形で楽しめるようになっているのですが、屋上を遊び場にするメリットは案外多いです。

・経済性がある
どこか遊びに行くよりも、自分の家で楽しんだ方が良いのは言うまでもありません。
例えばキャンプをと思ったら、移動費や食材費などいろいろな事がかかります。また、移動する手間もかかります。ですが自宅の屋上であればそのような事も関係なく、楽しむ事が出来てしまうのです。
お金をかけず、バーベキューを楽しんだりする事が出来るのは大きなメリットです。

・周囲に影響が出にくい
キャンプ場ですとかバーベキュー場の場合、貸し切りではありませんので周囲の事を気にかけなければならないのは言うまでもありません。
ですが自宅の屋上であれば自分のプライベートルームなのですから、気を使う必要はありません。
もちろん騒音や匂いなどの問題には気を付けなければならないのですが、「自分たちだけ」の空間を楽しむ事が出来ますので、家族はもちろんですが友人同士でもリラックスして楽しむ事が出来るようになるでしょう。

▲周囲の迷惑は考える
もちろん何をしても良い訳ではありません。
都市部の場合、住宅も密集しているでしょうから、配慮が求められるのは言うまでもありません。
自分たちの楽しんでいる音や匂いは自分たちにとっては楽しいかもしれませんが、周囲も楽しい訳ではないのですし。

・好きな時に楽しめる
いざ外でキャンプやバーベキューを楽しもうと思ったら、日程を調整しなければなりません。仕事が忙しい場合、さすがにそのような訳には行きませんからね。
ですが自宅の屋上であれば好きな時に楽しむ事が出来ます。せっかくの休日に早起きして渋滞に巻き込まれつつ頑張って移動し、短時間だけ楽しんで再び渋滞の中帰宅する必要はありません。
遅く起きても好きなように楽しみ、さらにはいつでも解散する事も出来れば道具とてすぐに掃除しなければならない訳ではありません。
基本的に自宅なのですから、いつでも好きな時に片づければ良いのです。

このように、様々なメリットがありますのでいろいろと活用してみるのも良いのではないでしょうか。まずは一戸建てが必要ではありますが(苦笑)

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_9357754_M

2016.3.13

「青春18きっぷ」で津軽海峡を渡れるか?

2016年3月26日、ついに新幹線が北の大地に上陸します。北海道新幹線開通です。これにより、東京→函館間は最短4時間と、始発に乗れば、午前中…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る