空からはじまる安全確認

キャンプの危険性を最も大きく左右するのが気象状況です。
特に、海辺や河川敷と言った水源の近くでテントを張る場合には要注意!そう、キャンプにおける何より大切な安全確認は気象状況の確認なのです。
ですから、それは現地に到着してからではなく、出発前からもう始まっています。
事前に、滞在期間中に台風などの悪天候に見舞われる事が予想される場合は、中止するのが本当に楽しいキャンプに出かける秘訣!! 勿論、実際の当日の現地の天候というのは、行ってみなければ分からないものですし、台風や大型の低気圧は正しくお天気屋さん! 実に気まぐれで、あっさり軌道を変えて逸れてくれる事やのんびり遅れてやって来る事も十分考えられます。
けれど、それは裏を返せば、進路が変わったり、速度が速まったりする事で、予定外の遭遇を招く可能性もあるという事なんですよね。
また、例え日本列島の気象状況が安定していて、決行出来たとしても、現地での空の変化には十二分に注意を払いましょう。
今は有り難い事に、携帯電話の電波が強くなり、大自然の中でもかなりの高確率で最新の気象情報を入手出来ます。
また、ポータブルラジオやテレビを持参されて行かれる方も多いかと思いますので、こまめに天気予報をチェックし、早め早めの対策を取る事が大切です。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_9357754_M

2016.3.13

「青春18きっぷ」で津軽海峡を渡れるか?

2016年3月26日、ついに新幹線が北の大地に上陸します。北海道新幹線開通です。これにより、東京→函館間は最短4時間と、始発に乗れば、午前中…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る