• 2016.2.13
  • 生まれ変わる新宿の新たな魅力を5つご紹介 はコメントを受け付けていません。

生まれ変わる新宿の新たな魅力を5つご紹介

pixta_13221784_M

2016年の3月、新宿駅が変わります。JR新宿駅の代々木駅側の改札口周辺が変わるのです。どのように変わるのか、さらにはそれによって新宿がどのような町になるのかをいくつかお話するとしましょう。
新宿と言えば都心も都心。遊び場も多々ありますが、今回の回収によってどのように生まれ変わるのか注目している人も多いのではないでしょうか。

・改札口が出来る

なんとびっくり、新しい駅舎が出来ますので改札口が増えるのです。これにより、人の流れそのものもにも大きな変化が出来るかもしれません。
新宿には改札口がとても多いですが、一方では改札口から遠い所はいわば「死角」となってしまっていて新宿にしてはあまり人がいなかったのも事実です。ですが新しい改札口が出来ればそれによって人の流れも変わってくるかもしれません。
改札が出来るとなれば、そこから人が出るのです。それまでは見向きもされなかったお店の人気が高まるかもしれませんからね。

・顧客ターゲットを上げた

高さおよそ170メートルの「Jr新宿ミライナタワー」が登場します。32階建てで、こちらは大部分がオフィスフロアです。ちなみにLINEの本社も入居予定との事ですが、低層部にはショッピングフロア「ニュウマン」がオープンします。
「NEW」と「woman」を合わせた言葉ではありますが、想定する顧客層を30代から40代の「上質で本物を求める大人の女性」としました。若者ではなく、少々上の世代にしたのは少子高齢化の影響もあるでしょうが、二極化の流れもあるのかもしれません。
安い物を大量に売るのではなく、しっかりとしたものを売る。この動きが加速していくと、新宿の「人口比率」さえ変わってくるかもしれませんね。

・「日本初出店」が多い

そのニューマンですが、100店舗のうちのおよそ8割が日本で初出店だったり初業態だそうです。つまりは他ではあまり見られないものとなっているのです。
こちらもまた、それまでの層ではなく、新しいムーブメントを産みたいとの気持ちがあるのかもしれません。新宿は渋谷や原宿などよりは少々年齢層が高めとも言われていましたが、さらにそれらの「若者の街」との区別が出来てくるのかもしれません。

・人の流れそのものが変わる可能性がある

先から少々触れていますが、この施設が多くの支持を集めれば他も追随しますので、新宿そのものの人の流れが激変する可能性があります。その点では新宿の未来を占っていると言っても決して大げさではないのです。
特にオフィスフロアも多い訳ですから、それまで以上にビジネスマンが増えます。ビジネスマンが増えれば交通網も趣味性よりもオフィスライクなものになっていくかもしれません。
つまりはこれから新宿が生まれ変わる一歩になる可能性を秘めているのです。

・少子高齢化のモデルケースになるかもしれない

それまで消費を考え、どのお店も若年層をターゲットにしていましたが、新宿程の大きな都市で、さらには大きな商業施設が30代から40代をターゲットにした事には少なからず衝撃があります。
もしもですが、これらが大きな支持を集めれば当然どの商業施設もこれからは若年層よりもそちらをターゲットにしてくるでしょう。ある意味ではこれからの日本の試金石になっていると言っても過言ではない状況となっているのです。
少子高齢化とは様々な所で叫ばれていますが、ここまで明確にターゲット設定した商業施設はそうそうありませんでしたから、各方面から注目を集めているのもよく分かる話です。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_13297170_M

2016.1.11

冬の夜景が美しい3つの科学的根拠に基づく理由

いつも見慣れた我が町や行き慣れた身近な町でも、時間や目線が変われば、今まで見た事ない風景や光景がいきなり飛び込んで来たりもするものです。しか…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る