焚き火の罰則

キャンプの楽しみとも言える焚き火の罰則。
キャンプに焚き火は付きもの!そんなイメージがあるからなのでしょう。
特に初心者のキャンパー集団は、夜のキャンプファイヤーをはじめとし、焚き火を一番の楽しみにしていらっしゃる方々も多いようです。
が、しかし、それに反し、焚き火を禁止しているキャンプ場は決して少なくありません。
キャンプ場が運営者の意思で禁止している場合はまだ厳重注意程度で済みますが、これが自然公園法や環境保全法の適用を受けている地域での焚き火となると、当然法律に基づいた罰則が与えられる訳で、たちまち犯罪者扱いをされてしまいます。
また、自然公園法や自然環境保全法の適用されていない地域でも、都市公園法や消防法、さらには廃棄物処理法などによって罰せられる可能性もあります。
従って、キャンプにおける焚き火は十二分に気を付けなければならないのです。
にも関わらず、何故どこのテントサイドでも楽しく焚き火が行なわれているのでしょうか?それはちょっと覗かせてもらえば一目で分かるはずです。
当たり前のように焚き火をしているテントサイドには、必ず当たり前のように焚き火用の竈やコンロが設置されています。
こうしたコンロや竈を使った焚き火でも、本来、法律上は決して許されるものではないのですが、キャンプ場の敷地内であれば、直火以外はOKという特例は一般的です。
そこで、キャンプ場で焚き火を楽しむ方々は、この特例を利用している訳ですね。
という事で、ブロックなどで竈を上手に組んでいらっしゃる方々も見受けられますが、やはりコンロをお使いの方が最近は圧倒的多数ですね。
なんと行っても持ち運びも楽で、置くだけですぐに使えるというのがファミリーキャンプなどでは非常に重宝なのでしょう。
特に、上に焼き網を乗せる事でたちまちバーベキューコンロに変身するコンロは大人気です。
こうしたコンロの最大の特徴は脚が折りたたみ式になっていて、肉や魚を焼くときにはその脚を立てれば、バーベキューコンロとしてちょうどいい高さになるように設計されています。
そして、その脚を折りたたんで直接地面に置く事ですぐさま焚き火用コンロとなる優れものなのです。
このコンロは、使えば使うほど汚くはなりますが、味が出て、焚き火コンロには相応しい条件を醸し出して行きます。
近頃は裕福になったせいか、少し古くなって汚れると、すぐに軽くて新しいコンロをお買いになる方も多いのですが、個人的には焼き網さえこまめに換えれば十分!とことん使って年季の入った焚き火コンロにしてもらえればと思いますね。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_4530648_M

2016.4.6

4月8日は花祭りという事で、京都のお勧め灌仏会ベスト3!

桜祭りは花祭りではありません。 4月の京都と言えば花祭り! という事で、全国各地から本当に大勢の観光客が押し寄せます。 ところが、彼ら彼…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る