• 2015.10.7
  • 遊園地を楽しむポイント はコメントを受け付けていません。

遊園地を楽しむポイント

pixta_10122412_M

遊園地は、大人も子どもも、家族もカップルも楽しめる、とっても素敵な娯楽スポットですね。

それなりにお金はかかるけれど、みんなが楽しめるのが魅力。

どうせ行くのならば、めいっぱい、100%楽しみたいところです。
遊園地でめいっぱい楽しむためには、下準備も大切。

そんなノウハウを教えちゃいます。
まずは、行き先を決めましょう。

行き先は、誰と一緒に行くのかが重要です。

自宅からの距離ももちろんあるとは思うけれど、可能な限り遊園地の規模や種類を吟味することが大切です。

極端な話、成人男性の集団でサンリオピューロランドに行っても100%楽しむのは難しいですよね。
続いて、遊園地のマップを入手しましょう。

ここでチェックしておくべきなのは、アトラクション以上にトイレや授乳室、休憩室の位置。

特に小さな子どもを連れていくのであれば、ここをおさえておかなければ楽しむことができません。
そして、イベントの日時をチェックします。

多くの遊園地で、日時を決めてイベントが開催されているものです。

せっかく遊園地に行くのだから、イベントも観たいもの。

とはいえ、イベントをわざと外すというのも遊園地を楽しむひとつの手段です。

なぜなら、イベントの開催時はどうしても混雑してしまうから。

イベントよりもアトラクションを重視するのならば、あえて避ける手もあります。

また、イベント開催時にあえて空いたアトラクションを狙うのもおすすめです。
イベントも踏まえて、混雑予想を利用し、遊園地へ行く日を決めましょう。

お休みがそこしか取れないのならばもう仕方のないことだけれど、可能ならば空いている季節を選びましょう。

平日だからといって、空いているとは限りません。

例えば、初夏や秋口には修学旅行生が多いかもしれません。

基本的には、火曜日・水曜日辺りが空いていますね。
そして、もちろんチケットは前もってフリーパスを購入しておきます。

めいっぱい楽しもうと思ったら、これは常識ですよね。
意外と後悔するのが、食べ物をチェックしていないこと。

他の全部を決めてしまってからでもかまわないから、食べたいものは絶対チェックしておくべきです。

でないと、遊び疲れて適当に食べてしまうから。

遊園地内の飲食は割高だし、だからこそ食べたいものを決めて、

場所もチェックしておくことがおすすめです。

最後は、前日の睡眠と体調管理。

気力と体力は何よりも重要ですね。

特に当日長距離を移動する人は気をつけましょう。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

ダウンロード (9)

2016.1.9

なぜUSJが絶好調なのか、5つの理由

12月24日、テレビ番組にてUSJの復活劇が特集されていました。初年度こそ活況を呈していたものの、二年目以降は来客者数も激減。 そこでとあ…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る