最適な季節は?

キャンプと言えば夏休みというイメージが強いですが、故に、夏はキャンプのワーストシーズンだという人も大勢います。
何故なら、人も多けりゃ虫も多い!おまけに、昼間は雷雨に見舞われたり、熱中症になる可能性も低くはなく、お世辞にも快適なキャンプが出来るとは言えないと言うのです。
そう、夏は確かに昼夜の気温差が少なく、体感的には凌ぎやすいはずなのですが、天気の急変やヤブ蚊攻撃などが思いの外大変だったりなんかするんですねぇ!!ではでは、冬のキャンプはどうなのかと言うと、これは言うまでもなく寒い!とにかく寒さとの戦いで、並の装備では、下手をすれば命の危険に晒される可能性も低くはありません。
寒ければ、テントの中で暖房器具を使えばいいだけだとおっしゃる方も多いのですが、化学繊維だらけのテントの中で、火気を使う事はとても危ない事です。
例え火災にはならなくても、コンロや暖房機器による一酸化炭素中毒事故も結構発生しているのです。
その点、春と秋は何をするにも快適で最適な季節という事で、キャンプだって決して例外ではありません。
特に、日中は半袖でも過ごせるような陽気の日も出て来て、気象条件も比較的安定している5月中旬から6月中旬に掛けては絶好のアウトドアシーズンだと言えるでしょう。
標高の高い地域では、夜になれば多少寒さも感じますが、それでも、毛布と上着を一枚余分に準備しておけば乗り切れる程度!! また、新緑や高山植物なども最も美しい季節ですし、場所によっては蛍も見られますので、初心者の方でもいろいろと楽しんでいただけるのではないかと思います。
ところがところが、このキャンプのベストシーズンとも言える時期には、思いの外大きな落とし穴があるんですねぇ。
それはズバリ、親も子もまとまった休みが取れないという事です。
暦通りに営業してくれる子供たちの学校は当然のごとく、パパの会社だって、いくら有給休暇があるとは言え、ゴールデンウィークに散々休んで、また休みたいとは言い出しにくいものでしょう。
だからこそ、どこのキャンプ場もすいていて、快適だとも言えるのですが、遊びで無理をする事はお勧め出来ません。
ですので、まずはこの季節に近場のキャンプ場へ週末ごとにプチキャンプに出かけ、ある程度テントの張り方や火のおこし方などの訓練をしておきます。
料理のレパートリーも毎回増やして行かれるように心がけられるといいでしょう。
そして、夏休みにはそこそこ慣れた状態で遠くのキャンプ場へGO!! それなら、少し位環境が悪くても、自分たちなりの知恵で軽く乗り切り、楽しいアウトドアトラベルをお過ごしいただけるのではないでしょうか。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

なら瑠璃絵

2016.2.9

瑠璃色の奈良3社寺で幻想のバレンタインはいかが!?

冬の京都にはそれなりの魅力を感じる人も多く、“寒いのに、よくぞこれだけ!”と思うくらい、大勢の観光客が訪れますが、お隣の奈良県では、正にこの…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る