• 2016.4.3
  • 星のや東京に行ってみたい! はコメントを受け付けていません。

星のや東京に行ってみたい!

pixta_16724236_M

2016年7月20日、東京にさらに新しい遊び場が登場します。星野リゾートの「星のや」が東京に進出するのです。
その名も「星のや東京」。
こちらが一体どのような遊び場になるのか、今から楽しみにしているという人も多いかと思いますので、実態を探ってみるとしましょう。

大手町です

場所は東京の大手町。住所にすると東京都千代田区なので、まさに都心のど真ん中になります。
18階建ての日本旅館というだけでわくわくするのではないでしょうか。
「日本旅館」という言葉の響きからすると、低階層ではありつつ、広くて優雅な空間を思い浮かべる人が多いかもしれません。
一般的に「ホテル」は高階層の洋室、「旅館」は低階層な和室といったイメージをお持ちの方も多いかとは思いますが、星のや東京18階建ての日本旅館。
まさに「常識破り」な場所になりそうですが、旅館と銘打たれているのは、雰囲気だけではありません。
なぜなら、温泉まで湧き出ているのです。天然温泉が湧き出ているため、温泉が好きな人にも良いでしょう。
ちなみにこちらの温泉は5月に近接にオープンする「SPA大手町フィットネスクラブ」の会員はもちろんですが、会員以外でも1回1,500円で利用する事が出来ます。

ターゲットはずばり「訪日旅行者」

ターゲットに関しては、やはり訪日旅行者でしょう。
政府は現在、2020年には4,000万人を目指したいと観光に力を入れています。
旅行者を増やすためには、旅行者を迎え入れる施設も充実させなければなりません。民泊に力を入れているのはそのためです。
既存の施設だけでは宿泊施設が足りなくなってきており、民泊事業も規制緩和で多角的にアプローチしているのは言うまでもありません。
こうした中で、18階建ての宿泊施設という事で多くのキャパシティを誇るのはもちろんですが、更にはそこで「旅館」という言葉を用いた点。
やはりこれは、外国人を意識しているからなのでしょう。
日本人では「旅館」という言葉にはどうしても「古い」というイメージを持ってしまいますが、外国人であれば「日本らしい」と感じるでしょう。
もちろん「外国人旅行者のみ」だと謳われている訳ではありませんが、従業員も和服でお迎えしてくれるという点を考えると、やはり、メインターゲットは訪日旅行者という事になるでしょう。

星のやって?

「星のや」がどのようなお店なのかよく分からないという人もいるかもしれません。星のやはかなりの老舗で、軽井沢、京都、沖縄、富士、そしてパリに旅館を構えています。
また、「星のや」という名称ではないものの、系列グループに関してはいろいろな地域にあります。安心感があるという人もいれば「ついに東京にも出来るのか」と感じる人もいるでしょう。
有名な場所なので、信頼感という点では想像以上のものがあります。今から楽しみだという人も多いのではないでしょうか。
どの施設も上質な空間をプロデュースしているだけではなく、立地にもこだわっています。
例えば、静岡県の伊東市の海沿いにある、星のリゾート「アンジン」は雰囲気抜群です。
残念ながら、2015年の3月31日から改装に入ってしまいましたが、2017年に復活するとの事。
普通の旅館が一年以上もブランクがあれば、「他にお客を取られる」という危機感を持ってしまいますが、星野グループは上質なサービスを心がけていますので、焦ってオープンするのではなく、満足出来るクオリティにと言う事で、2017年まで改装するのでしょう。
この点はさすがという他ありません。
そのような星のやが東京に出来るのです。今から楽しみですね。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

8adfdaab370b5d581245e83492f4ee53_s

2016.4.15

3連休or7連休or10連休? 2016年GWの取り方と過ごし方!

4月も半ばに入り、そろそろ新しい仕事や学校にも慣れて来たところで、次に気になるのがゴールデンウィークでしょう。 ところが、今年は暦通りに従…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る