日の出を見よう

温泉ホテルや旅館に泊まった場合は、朝からのんびり湯に浸かってとかって思いますし、一流のシティーホテルに泊まった場合には、ふかふかのベッドでちょっと朝寝坊して、豪華な朝食バイキングを食べるなんていうのが、朝の理想の過ごし方ですよね。
でも、キャンプの場合だと、そうは行きません。
まあ最近は温泉付きのキャンプ場もあるにはありますし、近所に日帰り入浴が可能な施設があれば、そこでお風呂に入る事は出来るでしょう。
だけど、当然の事ながら、そうした施設が早朝から使えるという確率は非常に低い!!おまけに、朝ご飯は自分で作るか買いに行くかしないと当たらないという始末で、贅沢な至福の一時を味わうなんて夢また夢でしょうなんてよく言われるんですけどね、とんでもない!!元々屋外で寝起きしているからこそ感じられる朝の空気というのは恐らく、キャンプ未体験の方には想像を絶するものだろうと思います。
夏でも爽やかな空気、鳥のさえずり、まあこの辺りまでは多くの方がいいでしょうね、きっと・・・! とおっしゃるのですが、意外と気付かれないのが日の出です。
海にせよ、山にせよ、自然の中で見る日の出は、その時々と場所場所の常に変わるコントラストが、いかなる場合も、全く未体験の日差しを注ぎ混んでくれます。
それを見られるだけでもラッキーな旅だと言えるでしょう。
何せ、こればかりは、雨さえ降らなければよしというのではなく、少なくとも早朝だけは晴れという天候に恵まれなければならない訳ですからね。
多分、ホテルや旅館に泊まって、冬ならともかく、夏場にわざわざバカみたいに早起きして日の出を見に行こうなんて思う事はそうはないと思うんです。
勿論、ホテルの上にも日は昇るのですが、キャンプ場に比べて、それだけ空との距離が遠いという事なんですよね。
という事で、日の出を見るためのキャンプを計画するというのも中々乙な物! そう言えば、ドラマ「北の国から」でおなじみの北海道は富良野には、日の出キャンプ場というキャンプ場がありましたっけか・・・!? いかがですか、日の出キャンプ場で絶品の日の出をご覧になってみられては・・・。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_3437971_M

2016.1.27

2016年サミットの開かれる伊勢志摩で冬の5大グルメを堪能!

2016年春、サミットが開催される事が決まり、世界的にもすっかり有名になった伊勢志摩ですが、実際には、そんな場所はないってご存じですか? …

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る