• 2015.10.5
  • 常に状況確認はしっかりと! はコメントを受け付けていません。

常に状況確認はしっかりと!

キャンプのための状況確認は何をすればいいの?という事で、インターネットを検索すると、出て来る出て来る、日本中のキャンプ場の予約確認サイトやページ!そうなんです、今やキャンプもお宿を取って出掛ける旅行と何ら大差はなく、昔ながらのシンプルなキャンプ場でも完全予約制となっているところが圧倒的多数です。
ましてや、オートキャンプ場ともなると尚更の事、予約なしには利用出来ないと思っておかれた方が無難でしょう。
という事で、キャンプに行く事が決まったら、取り敢えず予約を入れ、数日前に再度確認する事は、とても大切です。
ただし、キャンプには、それ以上に状況確認必須というシーンが満載! と言うより、何かにつけ、きちんと周囲を見回し、冷静な判断による行動が、特に家族連れの初心者キャンパーには大切になって来ます。
例えば、風の向きと強さを考慮したレイアウトによるテントの設営は、必ず快適なキャンプを演出してくれるでしょう。
無論、テントサイドの構造にもよりますが、多くの場合、駐車スペースは定められていても、テントとタープの位置は、比較的自由にレイアウト出来ます。
ですので、必ず風上にタープを、風下にテントを張るのがポイントです。
確かに、その日の風向きによって、見た目や使い勝手の悪い配置になる事も大いに考えられますが、それでも、風に足を引っ張られるほど面倒な事はありません。
また、風下にテントを張る事により、調理時の煙が他の方のサイドに流れる事も防げますから、気配りの面でも、非常に有効的なレイアウトなのです。
因みに、アウトドアにおける風の強さは、風速5メーターまでは安心の範囲! それ以上は、特に平地でのキャンプには要注意で、予定よりも大目のロープとペグで、しっかり固定される事をお勧めします。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_12639389_M

2015.12.7

冬のディズニーリゾートを楽しむ上で欠かせない3つのアイテム

2015年の12月1日と15日にはダッフィー10周年を記念して新グッズが登場するなど、多くの人々の遊び場として常に話題を提供し続けてくれてい…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る