• 2015.10.5
  • 岩場でのキャンプは自殺行為 はコメントを受け付けていません。

岩場でのキャンプは自殺行為

岩場というのはその名の通り、岩の密集地帯の事です。
とは言え、その風景は実にまちまちで、登山者が挑む頭上にまで伸びる巨大な岩壁が立ち阻んでいるようなところもあれば、海岸線や川の上流のように、多数の岩が点在しているところもある訳ですが、時にこの岩場は、一つの大地を築いている事もあります。
むろん、有名な岩の大地と言うと、断崖絶壁が大半で、正に自殺の名所などと言われていますからね、そんなところでのんびりキャンプをしようと思われる方はおられないでしょう。
しかし、海抜が低く、容易に侵入出来るような岩場では、稀にテントを張ろうとする無謀なキャンパーがいて、地元ではほとほと困り果てているという話を聞きます。
そもそも海岸沿いの海抜の低い土地というのは、そこに頻繁に荒波が押し寄せて来るからこそ、大地が削り取られ、岩場になっている訳です。
その上で寝起きをしようなどというのは、正に自殺行為! いつ、波に浚われても不思議ではありません。
加えて、ぬれた岩場は滑りますから、転倒事故の危険性が非常に高く、特にいざ逃げようという時に転べば、大けがをするか、そのまま海の中の人になるかの二つに一つという可能性も低くはありません。
また、山間部の岩場では、強風のために転落する確率も高いですから、とにもかくにも、岩場でキャンプというのはもってのほかの話なのです。
という以前に、やはり指定のキャンプ場以外の場所で野宿という事自体、命を粗末にしている事と言えますので、絶対にやめましょう。
ついでにもう一つ、キャンプに行って川遊びというのは楽しいですし、特にお子さんには大いにエンジョイしていただきたいところではありますが、岩場での遊泳はやっぱり事故の元、けがの元! 加えて、つるりと滑って落下する危険性のあるような岩に乗ってはしゃぐような事は、よい子は絶対にしないでくださいね。
元気に行って、元気に遊んで、元気に帰って来てこそ、意味あるキャンプなのです。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

8a6a1ae7e6c73bcea478e603ad22ced4_s

2016.4.27

GWは6つの修行プラス1で立派な忍者を目指そう!

以前、3つ子の魂100までも! 紀伊半島で子供の将来が決まるかも!?という話をしましたが、流石のキッザニアでも出来ない夢の職業体験が今、同じ…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る