• 2015.10.6
  • 妖精のようなクリオネ はコメントを受け付けていません。

妖精のようなクリオネ

クリオネは比較的知名度が高い生物なのではないでしょうか。
透明のシルエットは誰もが驚きを隠せない、まるで「妖精」のような存在にも思えるものですが、実は巻貝の仲間でもあります。
成長する事で貝殻を損ねてしまうものの、実は巻貝なのです。
半透明のシルエットから、まさか巻貝を連想する人はそうそういないでしょうが、実は巻貝の一種なのです。
また、クリオネはとても身近な存在とも言えるかもしれません。
水族館等でも比較的よく見かける存在ですが、これはクリオネが日本の近海、特に北海道沿岸では一年中その姿を見かける事が出来る事で知られているからです。
そのため、北海道はもちろんですが、日本のいろんな水族館でその姿を見かける事が出来ます。
なかなか見かけないものではなく、それでいてその存在感から水族館のアイドルとなっている事もあるほど。
また、水族館側としてもクリオネはありがたい存在なのです。
なぜなら、クリオネは成長したものですと飢餓にとても強く、それこそ1年間もの絶食すら耐えられるほどの存在となっているのです。
それでいて体長も大きくありませんし、コストパフォーマンスに優れているのです。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

家族レジャー

2016.2.11

オービィ大阪を楽しむための5つのポイント

1月29日、EXPOCITYに新しいミュージアムがオープンしました。「オービィ大阪」と呼ばれる、大自然超体感ミュージアムです。こちらは世界第…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る