女子会キャンプブーム

キャンプと言えばパパの出番!という事で、やっぱり男手は絶対必要だし、家族で行くのが一番楽しいと思われがちです。
ですが今、これまで都心部のおしゃれなカフェやダイニングバーでやっていた女子会を大自然の中でというパターンが増えつつある事をご存じでしょうか。
確かに今は、女性でもみんな車の運転免許を取り、大きなRV車やワンボックスカーを平然と乗りこなしています。
そうなれば、まずキャンプ場への足はバッチリ!! 少々嵩張る荷物も気になりません。
むしろ、ひ弱で頼りにならない男なんて邪魔なだけなんです。
ただ、やはり現地では、テントやタープを張ったり、炭火を起こしたりと、女性だけでは大変な部分もいろいろあるでしょう。
そこで昨今、この女子会キャンプブームを支えているのが、キャンプ場在中のコーディネイターたちなのです。
彼らは謂わばアウトドアライフのプロで、テントやタープの設営から、焚き火や調理まで、事細かにサポートしてくれます。
また、足りないものがあれば、販売や貸し出しを行なっている施設も多く、当然、そういうキャンプ場は、トイレやシャワー設備も充実しているんですねぇ!! という事で、今や女子会キャンプに特化したキャンプ場なんていうのもあって、益々人気に拍車を掛けているものと思われます。
キャンプにだってもう煩い男子は要らない! 女子だけで心置きなく大自然の中でのおしゃべりを楽しみましょうじゃありませんか!

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

imasia_7407801_M

2015.12.22

自治体が世界遺産にこだわる3つの理由

日本にはいくつか世界遺産がありますが、世界遺産を「目指している」所。つまりは「世界遺産候補地」は実はとても多いです。 もちろんそれは日本だ…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る