• 2015.10.7
  • 多摩動物公園の特徴 はコメントを受け付けていません。

多摩動物公園の特徴

多摩動物公園は東京都にある動物園です。

東京都には他にも動物園がありますが、多摩動物公園ならではなもの、多摩動物公園の特徴というのはどのようなものがあるのでしょうか。

日本有数の動物園として知られている多摩動物公園は、とにかく広さが特徴です。

ただ何をするでもなく、動物を見て歩くだけでも半日はかかると言われているほどの広さを誇るのが多摩動物公園ですので、晴れた日なんかですと、ハイキングがてらに動物鑑賞。

そのような楽しみ方も出来てしまうのです。

また、起伏が多いのも特徴ですので、多摩動物公園内にはシャトルバスも運行されていますので、体力に不安のある人はシャトルバスを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

また、地域によって分かれているのも多摩動物公園の特徴の一つかもしれません。

アジア圏、アフリカ圏、オーストラリア圏に分かれており、そこから更に細分化されているのが多摩動物公園なのです。

また、1958年の開園以来様々な研究も行われているのも多摩動物公園の特徴です。

ヤクやアイベックスの繁殖に初めて成功したのは多摩動物公園ですので、動物学会への影響力も大きいものだったりするのも、多摩動物公園の特徴と言えるかもしれませんね。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

なら瑠璃絵

2016.2.9

瑠璃色の奈良3社寺で幻想のバレンタインはいかが!?

冬の京都にはそれなりの魅力を感じる人も多く、“寒いのに、よくぞこれだけ!”と思うくらい、大勢の観光客が訪れますが、お隣の奈良県では、正にこの…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る