• 2015.10.6
  • 写真撮影の際には… はコメントを受け付けていません。

写真撮影の際には…

水族館で写真撮影する際にはいろいろな事に気を付けなければなりません。
特にフラッシュ。
フラッシュが苦手な魚は実はとても多いのです。
フラッシュは人工的に光を生み出すものですが、これによって魚の生態系にダメージを受けたり、あるいは昼夜の感覚を麻痺させてしまうケースもあります。
そのため、水族館の中にはフラッシュ撮影禁止の所はもちろんですが、写真撮影禁止の所もあります。
シャッターの音が悪影響を与えてしまうからです。
このような事例は実は珍しくありません。
水族館はても楽しい場所ですし、そこにいるお魚たちはとても貴重な存在ですから、ついついカメラに収めようと思う気持ちとなるのも解らない話しではありません。
ですがお魚からすればそれがともすると迷惑行為となってしまっているのです。
人間からすれば良いと思っている事でしょうが、お魚からすれば、迷惑この上ないお話しとなってしまっているだけではなく、先にもお話ししたように生態系にまで関わるお話しです。
水族館側はそのような点をしっかりと承知しているからこそ、撮影禁止の措置を取ったりしていますので、水族館の指示・ルールを守りましょう。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

家族レジャー

2016.2.11

オービィ大阪を楽しむための5つのポイント

1月29日、EXPOCITYに新しいミュージアムがオープンしました。「オービィ大阪」と呼ばれる、大自然超体感ミュージアムです。こちらは世界第…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る