• 2015.10.5
  • 光悦寺 はコメントを受け付けていません。

光悦寺

光悦寺は元々は芸術家であった本阿弥光悦がここに住み始め、彼の死後、お寺となったとされています。
本阿弥光悦は徳川家康から土地を与えられるなど、お気に入りだったようです。
そのため、土地を与えられたのでしょう。
そしてそこには彼の一族や職人仲間などが移り住んできたといわれています。
その厳粛な雰囲気はどこか神々しいものを感じる事が出来るのではないでしょうか。
お寺という名前ではありますが、お寺というよりも、どこか別荘的な、昔の表現でいう所の「庭園」のような雰囲気となっていますので、お寺だと思って訪れると意表を疲れるかもしれません。
しかし、それでも庵などは独特の雰囲気を感じる事が出来るのではないでしょうか。
また、光悦寺は紅葉スポットとしても有名です。
そのため、観光シーズンともなると多くの人で賑わいを見せるのです。
真っ赤に染められた庵…想像するだけで素晴らしい風景ですよね。
そんな光悦寺へのアクセスはというと、公共交通機関が良いでしょう。
バスが最寄になりますので、バスを利用するのが一番です。
鉄道は近くに存在しませんので、尚更バスでしょう。
お車ですと、有料の駐車場があるのですが、秋のトップシーズンとなると常に満車状態になっていますので、注意が必要です。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る