ランタンの種類

キャンプの道具として「ランタン」は欠かせない存在です。
キャンプ場の中には電気が通っていないと言う場所もあります。
電気がないと言う場所では、ランタンは欠かせない存在となるのです。
電気が通っているキャンプ場であれば、ランタンは持っていかなくても大丈夫です。
ランタンにも種類があり、燃料系と電池系に分けることが出来ます。
種類の分け方は燃料とし分けるのではなくテーブルランタンやオールドランタン、メインランタンというように分けることもあります。
ですが、一般的には燃料によってランタンを分けます。
ランタンにも種類がありますので、自分の利用しやすいランタンを購入しましょう。
キャンプ場で電気が通っていなくても懐中電灯だけで十分と考える人もいると思います。
懐中電灯と言うのは、1カ所しか照らすことが出来ませんのであまり役に立ちません。
必ずランタンは持っていきましょう。
キャンプに慣れていないと言う方は、燃料系であるマントルのランタンよりも電池系の方がおススメできます。
その理由は、燃料系はテントの中で利用してしまうと一酸化中毒になってしまう可能性があるからです。
安全に利用するのであれば、電池系の方が安心で安全と言えるでしょう。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

SONY DSC

2016.3.13

ビックリ! 花見は元々桜見ではなく梅見だった!!

“梅は咲いたか、桜はまだかいな・・・!?”という事で、3月も半ばに入り、そろそろ桜の開花予報が気になり始める時季です。やはり桜の花が咲けば春…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る