• 2015.10.6
  • ピラニアは人を襲う? はコメントを受け付けていません。

ピラニアは人を襲う?

人を襲う魚としてピラニアは有名ですが、ピラニアとは特定の魚種を指すのではなく、主にアマゾン河流域に生息する肉食魚全般に対する現地語の「歯を持つ魚」という言葉が一般化したのが実際のところです。
ただしピラニアが積極的に人を襲うケースは少なく、通常ピラニアと呼ばれる魚種は臆病な性格を持つと言われており、稀に自己防衛として鋭い歯を使って人を襲うケースがあり、これが誇張されて伝わっているようです。
そのためブラジルなどでは、ピラニアが人を襲うという事例もゼロではありませんが、ピラニアが生息する流域で子供が無邪気に遊んでいる姿も普通に見られます。
時にピラニアが河に転落した鳥やネズミ類などを襲うケースや死んだ動物を食べることもあるので、ここから「人を襲う」と間違って広まったとも言われています。
一方でピラニアは熱帯魚として飼育されるケースも少なくありませんが、飼育者が水槽に手を入れて噛まれる被害が発生することがあります。
しかしこれは水槽内に不用意に手を入れることにより、ピラニアがパニックに陥ったためと解釈されているので、ピラニアに限りませんが、動物を飼育する際には、優しく接することが基本です。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

8adfdaab370b5d581245e83492f4ee53_s

2016.4.15

3連休or7連休or10連休? 2016年GWの取り方と過ごし方!

4月も半ばに入り、そろそろ新しい仕事や学校にも慣れて来たところで、次に気になるのがゴールデンウィークでしょう。 ところが、今年は暦通りに従…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る