バンガローキャンプ

これから家族でキャンプを始めてみたいと思われる方に是非お勧めしたいのが、バンガローでの宿泊体験です。
何故なら、バンガローキャンプは、設営や撤去の手間の要らないテント行と考えていただくといいからなんですねぇ!!確かに海外でいうバンガローと言えば、カナディアンロッキー辺りでよく見かける小さな山小屋風の建物で、バルコニーなんかもあって、かなりおしゃれな雰囲気がするでしょう。
実際、それこそが正真正銘のバンガローであって、元々はベンガル地方の典型的住宅様式でした。
つまり、そこで十二分に人々が生活出来るだけの機能を持ち合わせた平屋という事なんですよね。
ただし、日本では、そうした調理や洗面などが室内で可能な様式の建物は、コテージやロッジと呼ばれ、かなり高級なアウトドアライフを楽しめる施設として設置されている事が圧倒的多数!! それに対し、バンガローは、正に常設型のテントという感じで、広さも機能も、ほぼテントと同様と考えていただいていいでしょう。
その代わりに建築が容易で、それなりの数を設置する事が出来ますから、多くのキャンプ場が完備し、簡易にアウトドアを楽しみたいという家族連れやグループのために提供してくれているのです。
そこで、そうしたバンガローを利用する事により、テントを持参する必要がなく、現地に到着したらすぐ昼寝や食事の支度が出来るというメリットがあります。
つまり、いきなり高価なテントを買わずとも、それなりにキャンプが出来るという訳です。
だったら、ずっとバンガローキャンプを続けていればいいんじゃないの? と思われるでしょうし、当然、そういうスタイルのキャンプを極めていらっしゃる方も多いでしょう。
けれど、不思議と人間、一度キャンプにはまると、年に何度となく出向く事になり、それを長年のホビーとしてしまわれる方も少なくありません。
そうなって来るとですね、やはり毎回バンガローを借りる費用というのもバカにはなりませんし、何より、自分でテントを持つ事で、バンガローを完備していないキャンプ場も利用出来るようになり、さらにその行動範囲が広がるんですよね。
ですから、まあバンガローキャンプは、あくまでも初心者の入門編と言ったところではないかと個人的には思います。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_13297170_M

2016.1.11

冬の夜景が美しい3つの科学的根拠に基づく理由

いつも見慣れた我が町や行き慣れた身近な町でも、時間や目線が変われば、今まで見た事ない風景や光景がいきなり飛び込んで来たりもするものです。しか…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る