トレッキングも是非

山間部の街や高原へキャンプに出かけてみたいと思われている方も多い事でしょう。
でしたら是非、中市日はトレッキングもスケジュールの中に加えて下さい。
ただし、友人や家族とのキャンプで入れる日帰りトレッキングは、必ずトレッキングにして下さいね。
というのも、日本では軽登山をトレッキングに含んでしまう事がしばしばなので、これは場所によっては非常に危険です。
何故なら、例え「軽」という字が付いていても付いていなくても、登山は登山だからです。
そもそも登山というのは山登りの事で、必ず山頂を目指すのが鉄則です。
ただ、東京の高尾山のように、半日程度で十分山頂まで登って下りて来られ、小学校の遠足でも行けるような山も沢山ありますよね。
おまけに、今や文明の進化により、山頂まで車道はあるは、ロープウェイは動いているはというような山もわんさかあります。
そこで、こうした気軽に観光客気分でも山頂を目指せるような登山を軽登山と呼ぶのです。
それに対し、トレッキングは無理に山頂を目指す必要などありません。
ただし、あくまでも歩く事が鉄則です。
そう、トレッキングとは山歩きの事で、ハイキングは別に街中の史跡巡りなどでも全然OK! とにかく歩けばそれでいい訳ですから、ハイキングの中で、山道限定でコースを組むのがトレッキングであると考えていただければ分かりやすいでしょう。
そのため、もうすでに、山の山麓や中腹にあるキャンプ場から出発するのであれば、その周囲を歩くだけでも十分トレッキングになるのです。
とは言っても、それではあまりにも芸がありませんから、まあ少し足を伸ばし、片道3時間程度で上れる辺りまで上ってみるとか、5時間程度で往復出来る辺りまで高原内を散策してみるという形を取られるといいでしょう。
特に初心者の方は、トレッキングコースの完備されているキャンプ場を選ばれると、ルートや案内がきちんと整備されていて、安心安全にお楽しみいただけると思いますよ。
そしてそして、自分たちで炊いたご飯で作ったおむすびを昼食に持参する事を忘れないで下さいね。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る