• 2015.12.10
  • ディズニーシーに新チケットが登場した3つの理由 はコメントを受け付けていません。

ディズニーシーに新チケットが登場した3つの理由

pixta_8726708_M

12月1日、ディズニーシーから「45歳以上限定パスポート」が発売される事になりました。
平日限定ではあるものの、レストランで優先的に席に案内してもらえるランチ付き。ウェブサイトのみからの購入で発売は3月11日まで、利用日は2016年の1月12日から3月18日までとなっています。
こちらの価格は利用するレストランによって異なるのですが、「セイリングディ・ブッフェ」は9700円、「リストランテ・ディ・カナレット」は9,780となっており、こちらにチケットの送料540円がかかります。
平日限定、さらには45歳、そしてランドではなくシーのみ。なぜこのようなチケットが登場する事になったのでしょうか。

・シーのテコ入れはあるでしょう
東京ディズニーランド、ディズニーシー。これらで「東京ディズニーリゾート」を形成しているのですが、人気の方はディズニーランドの方が高いです。
先に出来たからだけではなく、ランドの方が家族で楽しめるアトラクションが多いのです。ディズニーシーは絶叫系のアトラクションも多いですから若年層には人気なのですが、家族でとなると安心して楽しめるランドの方が人気で、年間入場者数もどうしてもランドの方が多いです。
そのため、ディズニーシーでも何かしらのテコ入れが必要だったのかもしれません。

・平日に来てもらいたい思いもある
ディズニーランドにせよディズニーシーにせよ、休日はどうしても物凄い人でにぎわう事になります。
ですが平日は案外空いています。東京ディズニーリゾート側としても、休日だけてんてこまいになって平日にスカスカな状態となるよりも、休日にやってくるお客を多少なりとも平日の方に回したいとの思惑もあるのでしょう。
利益で言えば変わらないかもしれません。ですがお客からすれば少しでも空いている方が良いのですから、休日を少しでも分散させたいとの思惑もあるでしょう。

・45歳以上という設定
ましてや45歳以上となると親となっている可能性が高い世代ですので、一人でやってくるようなお客ではなく、家族連れを見越しているのでしょう。
30歳以上となればまだまだ独身の方も多いですから、それこそディズニーマニアが一人でやってきてしまう可能性もあります。
ですが45歳以上でディズニーとなると家族でといったケースが多いため、子供も連れてきてもらうためにこのような年齢設定にしたのでしょう。

使える条件が揃っている方はこれを機に活用してみるのも良いのではないでしょうか。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_17880944_M

2015.12.17

USJをより楽しむための3つのポイント

12月8日、国内屈指の遊び場として知られているUSJでキャラクターグッズを万引きしたとして窃盗容疑で28歳の男性を逮捕しました。 自宅には…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る