• 2015.10.6
  • ジンベエザメの特徴とは はコメントを受け付けていません。

ジンベエザメの特徴とは

水族館には様々な魚がいる事で知られています。
当然ですがどの生物も水中で生息している生物ですので、陸上で生活を送っている我々にはあまり馴染みのない生物たちです。
それも当然の話しでしょうが、水族館にはとにかく様々な海中で生息する動物たちがいますので、多くの人が楽しめる場所なのです。
特に興味がなくとも、水族館に足を運ぶ魅了される…という人も珍しくないほどです。
様々な生物たちの中でもジンベエザメは特徴的です。
ジンベエザメは現生最大の魚として知られています。
体長は5メートル弱で、人間よりもとにかく大きいのが一目瞭然です。
また、人間にはあまり害がない点から、ダイビングを楽しんでいる人々の中ではある種の「憧れ」的な存在として知られているのもジンベエザメの特徴でしょうか。
熱帯や亜熱帯の地域の海水に出没しますので、日本ではあまり馴染みがないのですが、日本の水族館で姿を確認する事が出来ます。
また、かつては千葉県沖でひっかかってしまった事もあるなど、稀に日本近海にも姿を見せるようですが、とにかくその巨体から、見かけた人は「幸運」とまで言われているのがジンベエザメの特徴です。
ジンベエザメがわかるMENU

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_13352208_M

2016.2.27

新東名高速道路が本当の意味で完成した!行きやすくなる遊び場は?

2月14日、三ケ日から豊田まで新東名高速道路が延伸。これにより、東京側からみると御殿場を分岐に、愛知県まで高速道路が「並走」する形になります…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る