• 2015.10.6
  • サンショウウオとは はコメントを受け付けていません。

サンショウウオとは

動物の分類で難しいのは両生類と爬虫類です。
両生類とは、子供時代はエラ呼吸によって水中で生活し、大人になると肺を発達させて陸上生活に適応できる生き物であり、大きく尻尾のあるサンショウウオとイモリ、そして尻尾のないカエルの3種類に分けるのが一般的です。
ではあまり聞きなれないサンショウウオとは何でしょうか?サンショウウオとは主に皮膚呼吸(ハコネサンショウウオには肺がないとされています)をし、受精に際して魚のようにメスが産卵した卵にオスが精子を振りかける特徴を持つ両生類のことです。
つまりイモリとサンショウウオとは受精方法に大きな違いがあります。
なおサンショウウオとは一見馴染みがないようにも思えますが、一昔前に流行ったウーパールーパー(アホロートル)はサンショウウオの仲間であり、世界最大とも言われるオオサンショウウオとは国の特別天然記念物であり、文学作品の中でも井伏鱒二の「山椒魚」が有名です。
ちなみにサンショウウオは別名「はんざき(半裂)」とも呼ばれていますが、これはサンショウウオを食用として半分に裂いても、まだ生きているという生命力の強さから付けられたとされています。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

家族レジャー

2016.2.11

オービィ大阪を楽しむための5つのポイント

1月29日、EXPOCITYに新しいミュージアムがオープンしました。「オービィ大阪」と呼ばれる、大自然超体感ミュージアムです。こちらは世界第…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る