• 2015.10.6
  • サメは人を襲う? はコメントを受け付けていません。

サメは人を襲う?

近年は技術の進歩が目覚しく、多くの点で不可能が可能になっています。
水族館においても最新技術が導入されており、そのひとつが巨大な水槽の製造です。
この技術により水族館において大型魚の泳ぐ姿をほぼ野生状態と同じように見ることが可能になりました。
中でも普段見ることができないサメを間近にすると、恐怖心もありますが好奇心が湧いてきます。
ちなみに映画などの影響もありサメは人を襲うというイメージが強くありますが、実際に人を襲うサメはホオジロザメやシュモクザメなど数種に限られており、多くの種類のサメは人に危害を加えることはありません。
しかし海水浴場近くにサメが現れ、時に人的被害を与えることがあります。
また人を襲うケースとは異なりますが、猟師が獲った魚を襲うケースや漁具を壊したりする被害が知られています。
一方で野生動物を害獣として考えるのみならず、水族館などが正しい知識を普及させ、共存の道を探るように子供たちに教えていくことも大切と考えられています。
つまり動物園や水族館、さらに博物館などは単に見て楽しむのみならず、学習機関として、様々な技術を取り入れて複雑な科学をわかりやすく説明する機能を十分に果たしていくことが望まれています。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

なら瑠璃絵

2016.2.9

瑠璃色の奈良3社寺で幻想のバレンタインはいかが!?

冬の京都にはそれなりの魅力を感じる人も多く、“寒いのに、よくぞこれだけ!”と思うくらい、大勢の観光客が訪れますが、お隣の奈良県では、正にこの…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る