• 2015.10.6
  • サメとシャチの違い はコメントを受け付けていません。

サメとシャチの違い

大型の肉食海洋生物にはサメやシャチがいます。
いずれも獰猛なイメージがあり、大きな背鰭が共通の特徴ですが、サメとシャチの違いは何でしょうか?根本的な違いは、サメは魚類であり、シャチは哺乳類です。
そのため明確な外見上の違いとして、サメは魚類特有の垂直に立った尾を有し、シャチは哺乳類であるクジラやジュゴンなどと同様に水平に広がった尾を持っています。
またサメは多くの種類の総称ですが、シャチはクジラの仲間の一種であり、概念的に大きな違いがあります。
ちなみにシャチは分類学上1属1種ですが、主としてクジラを食べるタイプ、その他の海洋性哺乳類を食べるタイプ、そして魚類を食べるタイプの3つに区分することがあるようです。
一方でサメと他の魚類との違いはエラの形にあり、サメは複数の切れ込みのようなエラを持ち、それが体側にあるのが類似したエイとの違いでもあります。
さらにサメは通常単独行動をしますが、シャチは拡大家族のような群生をすることも両者の生態的な違いと言えるでしょう。
なおシャチの形態的な特徴としてパンダを思わせるような白黒の模様があり、眼の上に白斑があるのもシャチを他のイルカ類と区別する重要な特徴と言えるでしょう。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

imasia_7407801_M

2015.12.22

自治体が世界遺産にこだわる3つの理由

日本にはいくつか世界遺産がありますが、世界遺産を「目指している」所。つまりは「世界遺産候補地」は実はとても多いです。 もちろんそれは日本だ…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る