• 2015.10.5
  • キャンプの持つ疲労回復効果 はコメントを受け付けていません。

キャンプの持つ疲労回復効果

野球やサッカーでシーズン前や大きな退会の前にキャンプが実施されるのは、協調性を高めるとともに、覚醒を引き起こすためのものだとよく言われます。
けれど、その一方で、疲労回復効果も高く、体調不良を訴える選手が多い場合には、キャンプという形で一斉に規則正しい生活をし、コンディションを整えるのは非常に有効的なのだそうですよ。
ではでは、我々一般人が出掛けるアウトドアのキャンプの場合はどうなのでしょうか?パパは運転して、テントの設営をして、時に料理までしてと、わざわざ疲れに行くようなものだと言う人も少なくありません。
おまけに、柔らかい布団でゆっくり寝るのではなく、日頃の疲労を取るなんて、とんでもない話です。
けれど、キャンプのような日照時間にペース配分を大きく左右される生活は、人間本来の睡眠サイクルを取り戻す上では絶好の条件であると言えるでしょう。
つまり、休むべく時に休んで、活動すべきときに活動出来るため、体内時計がリセットされやすいという訳です。
そして、人は当然ですが、寝るべく時にたっぷり眠れれば、その長さに拘わらず、疲労回復が十二分になされ、快適な覚醒を得られます。
無論、家族や友人とのコミュニケーションを取るには最適な場という事で、例え遊びのキャンプであっても、スポーツのキャンプと同じように、協調性と覚醒力を高め、コンディションを整える効果効能はしっかり持っているという訳なんですね。
ただし、逆に子供たちは、元気に見えても、非日常的な生活に完全に適応出来ていない部分が否めず、好奇心だけで楽しんでいる事も大いに考えられます。
実際、キャンプから帰って来たばかりの子供たちの健康診断をすると、神経の高ぶりが引き起こす様々な不具合が、心身の至るところに発症しているのです。
ですので、くれぐれも無理をさせず、帰宅後は、軽めの食事とたっぷりの休養を与えるように心掛けましょう。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_13297170_M

2016.1.11

冬の夜景が美しい3つの科学的根拠に基づく理由

いつも見慣れた我が町や行き慣れた身近な町でも、時間や目線が変われば、今まで見た事ない風景や光景がいきなり飛び込んで来たりもするものです。しか…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る