キャンプにお勧めの鍋

キャンプの楽しみの一つが調理!という事で、普段は"男子厨房に入るでべからず"なんて偉そうな事を言ってるパパも、せっせこママの手伝いをしてるパパも、キャンプ場へ行くと、やたらめったら張り切ってクッキングパパになりたがるんですよね。
となると、調理器具にもそれなりに拘りたいという事で、鍋一つ選ぶにしても、結構一生懸命になられるのですが、何もそんなに真剣に物色する必要性はないのではないかと想いますよ。
確かに、キャンプ道具やアウトドア用品の専門店に行くと、実に多種多様な鍋釜がズラリ!しかも、どれも使い勝手が良さそうで、あれもこれも欲しくなりますよね。
でも、考えてもみて下さい。
狭いテントサイドのキッチンで、一度にいくつの料理が作れるでしょうか? しかも、火を使って調理するとなると、尚更の事、出来る事は限られて来ます。
また、キャンプのメインディッシュはやっぱりバーベキューでしょうという事になれば、益々大きな鍋釜など、出番はなくなるというものですよね。
そこで、わざわざキャンプ用というのではなく、家庭用として、アウトドアに適した条件の鍋を購入し、それを必要に応じて持参される事をお勧めしたいのです。
ではでは、どんな鍋が重宝かと言うと、まずやっぱり、取っ手が取り外せる鍋!! これに勝る持ち運びの良さはないでしょう。
また、パッキング形式のふたをはめると、たちまちタッパーに早変わりするという鍋は、キャンプ場では非常に便利な存在です。
後、熱伝導が良く、焦げ付きにくい加工が施されているものも理想ですね。
ここまで条件を並べると、それって、テレビのCMなんかで見た事あるような気がすると想われるかも知れませんが、そうなんです。
"取っ手がとれる?・・・"なんて謳っているああいう鍋こそ、家でも外でも重宝な鍋。
まあ少々エクスペンシブではありますが、普段は家庭で普通に使えるともなると、それは決しておもちゃではありませんからね、きっとママのお許しもでるのでは・・・!?

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

SONY DSC

2016.3.13

ビックリ! 花見は元々桜見ではなく梅見だった!!

“梅は咲いたか、桜はまだかいな・・・!?”という事で、3月も半ばに入り、そろそろ桜の開花予報が気になり始める時季です。やはり桜の花が咲けば春…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る