• 2015.10.5
  • キャンプにおしゃれは必要? はコメントを受け付けていません。

キャンプにおしゃれは必要?

キャンプに行くのだって、お気に入りのシャツとパンツ、そして帽子を被ってスニーカーを履いて、おしゃれにバッチリ決めたい!現代女子なら、いや、最近は若い男性でもそう思われる方は少なくない事でしょう。
勿論、キャンプでもおしゃれを楽しむのは自由!ただ、その場の雰囲気と行動に合わせたスタイルをバッチリ決める事こそが、本当のおしゃれスタイルというものではないでしょうか。
ではでは、キャンプに相応しいおしゃれとはいかなるスタイルか? それはまず、言うまでもなく、アクティブに動き回れる服装です。
少なくとも、足下はパンプスよりスニーカーの方が間違いなくフィットしますし、ボトムスはスカートよりパンツの方が適している事は誰が考えても分かります。
さらに、自分自身がせっかく自然の中にいるんだから、いろいろな事をしたいと思えば、自然とフィットするコーデというのも分かって来る事でしょう。
周囲の散策や軽い山歩きなどを楽しみたいのであれば、トレッキングスタイルがベターという事になりますし、服のママ寝るというキャンプの特性を考えると、テントではストレッチの利いた素材のアパレルが重宝です。
ただ、キャンプ場では衣類よりも、やはりテントやタープ、それにテーブルと椅子のセットやコンロなどの用具の方が人目を引きますから、どうせおしゃれに決めたいのなら、この辺りのコーデを重要視される事が大事でしょう。
という事で、キャンプにおしゃれは必要かと言われれば、拘る人には必要です。
ただし、そのおしゃれは、自分の身一つを確立しても大した意味や効果はありません。
テントサイド全体の利便性やコーデとともに確立してこそ初めて価値が出るものなのです。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

8a6a1ae7e6c73bcea478e603ad22ced4_s

2016.4.27

GWは6つの修行プラス1で立派な忍者を目指そう!

以前、3つ子の魂100までも! 紀伊半島で子供の将来が決まるかも!?という話をしましたが、流石のキッザニアでも出来ない夢の職業体験が今、同じ…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る