• 2015.10.6
  • オコゼの特徴と危険性 はコメントを受け付けていません。

オコゼの特徴と危険性

海の生き物には不思議な生態的・形態的特徴を持つ種が多くいます。
中でもオコゼは特殊な外見的特徴を持つ魚のひとつです。
オコゼとは、カサゴの仲間であるオニオコゼを指すのが一般的ですが、他の魚類とは異なりウロコを持たず、背鰭に有毒の棘を持つのがオニオコゼの特徴です。
そのためオニオコゼは海洋生物の中でも危険性の高い魚と言えるでしょう。
なおこの毒は死に至るようなものではありませんが、海中で刺されると、その痛みが原因となり、溺死など間接的に死を招く危険性が高いので注意が必要です。
ちなみにオニオコゼは美味と称され、高級魚としての特徴も備えています。
有毒の棘に注意すればフグなどのような食べる際の危険性はありません。
一方でオニオコゼに類似した種にダルマオコゼがいます。
ダルマオコゼも背鰭に強い毒性を持つ棘があるので危険性のある魚のひとつですが、名前のように丸っこい体型的な特徴がユーモアを醸し出しており、一度海中で出会うと印象的で忘れることができないとも言われています。
その他にも危険性を有する海洋生物は多いので、安全が確認されるまで不用意に近づかないようにしましょう。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_19174241_M

2015.12.5

秋の京都で絶対に見逃せない3か所

京都と言えば年中見頃とされている所ですが、一番の人気は秋です。 秋の京都はなまじ海外旅行よりも高くつくとさえ言われている程ですが、それは紅…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る