• 2015.10.7
  • エサやりについて はコメントを受け付けていません。

エサやりについて

動物園の醍醐味は様々ですが、中でもエサやりは楽しい瞬間なのではないでしょうか。

普段は中々動物と接する機会も無いでしょう。

そのため、動物園でのエサやりには常に多くの人が参加するのです。

その際に気を付けなければならない事もあります。

それは、指定されたエサ以外は与えないという点と、動物を刺激しないという点でしょう。

エサに関しては、動物にも好みがあります。

さらには栄養管理も行っていますので、エサやりは栄養もしっかりと考慮した上で動物園のスタッフが考えてくれている事なのです。

そのため、自分の好きなものや、自分が持ってきたものをエサにするのは絶対に行ってはならない行為です。

動物が病気となってしまう事もありますので、それだけは絶対に行ってはなりません。

また、動物にも「気持ち」があります。

我々人間も何か嫌な事をされたら嫌な気持ちになり、不機嫌になります。

これは動物も同じです。

特に動物は小さくとも人間とは比べ物にならないほどのパワーがあったりしますので、その点も気を付けなければならないでしょう。

人間など軽く吹き飛ばされてしまう事もあるのですから。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_13297170_M

2016.1.11

冬の夜景が美しい3つの科学的根拠に基づく理由

いつも見慣れた我が町や行き慣れた身近な町でも、時間や目線が変われば、今まで見た事ない風景や光景がいきなり飛び込んで来たりもするものです。しか…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る