• 2015.10.6
  • ウミヘビの特徴と危険性 はコメントを受け付けていません。

ウミヘビの特徴と危険性

海でのレジャーに際して、いくつかの注意点がありますが、中でも高い危険性を持つ海洋生物、特にウミヘビには要注意です。
ウミヘビには爬虫類のいわゆるヘビが分化し海洋生活に適応したものと、ヘビに形態的な特徴が類似していることからウミヘビと称される魚類の2系統があります。
このうち爬虫類のウミヘビの特徴は、いずれも陸上のヘビよりも強い毒性を有するので危険性が極めて高い点です。
これは熱帯性のコブラから分化したためと考えられており、その外形的な模様もウミヘビの特徴です。
ただし熱帯原産といえども北海道沿岸にも生息することが知られているので安心できません。
ちなみにウミヘビに噛まれた際には、直ちに、その種に適した血清を打つ必要があります。
またウミヘビに海中で噛まれた場合は、毒により体が動かなくなることが原因で溺死する危険性もあるので事態は深刻です。
一方で魚類のウミヘビはウナギの仲間であり、ウロコはなく、背鰭なども極めて小さいのが形態的な特徴ですが、致命的な毒を持たないとされており、危険性は低いと言われています。
さらに魚類のウミヘビは海底の砂泥内に生息するので人間が出遭う機会も少ないようです。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_17902106_M

2016.2.3

1000年の都に咲き誇る「スター・ウォーズ」のキャラクターたち

2015年12月18日、実に10年の時を経て、新たな3部作の第1弾となるべく新作「フォースの覚醒」が公開された映画「スター・ウォーズ」! 日…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る