• 2015.10.6
  • ウナギもいます はコメントを受け付けていません。

ウナギもいます

ウナギと言えば食べ物だと思っている人も多いかもしれません。
確かにウナギは昔から食用として親しまれてきた事もあり、食べ物としての特徴の方が強いのは事実ではありますが、水族館で人気者になっているケースも珍しくありません。
ひょうきんな顔は、子供からの注目度もとても高いのです。
特にウナギは身近ですし、さらには「捕まえようとすると滑る」といった個性が浸透している事もあり、大きな人気を集めているのです。
更にはウナギは歴史が長いです。
江戸時代にはすでに食用としで出回っていたという程ですが、近年はウナギの数が減少しているがために、高騰傾向にあるとされています。
身近な存在ではあるものの、食べる機会そのものは減少傾向にあるともされていますので、食べる機会があればしっかりと味わいたいのはもちろんですが、水族館でその姿を見かけるのも貴重なものになっていく可能性もあります。
もしもですが、水族館でウナギを見かけたら、もしかしたら次に来た時にはすでにウナギがいなくなってしまっている可能性も考えられますので、そのような事にならないよう、しっかりと見ておくと良いでしょう。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

8adfdaab370b5d581245e83492f4ee53_s

2016.4.15

3連休or7連休or10連休? 2016年GWの取り方と過ごし方!

4月も半ばに入り、そろそろ新しい仕事や学校にも慣れて来たところで、次に気になるのがゴールデンウィークでしょう。 ところが、今年は暦通りに従…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る