• 2015.10.6
  • イセエビとは はコメントを受け付けていません。

イセエビとは

日本人ほどエビの好きな国民はいないようです。
時に世界中のエビを集めている!との批判もありますが、資源や環境に害を与えない程度に味わいたいものです。
もちろんエビは食べる以外にも、観賞用として重宝されています。
個人が小さなエビ、シュリンプを自宅の水槽で飼う、厳密な意味でのエビではありませんがザリガニを飼育した経験のある人も少なくないでしょう。
とはいえエビの王様?はイセエビです。
イセエビは様々な点で高嶺の花!ですが、昨今は水族館でイセエビに出逢えます。
つまりイセエビと言えば、その名の通り、三重県の伊勢地方にある鳥羽水族館が著名です。
ただし漁獲量から見れば、千葉県が一番のようです。
また沖縄美ら海水族館首都圏では葛西臨海水族園、品川エプソンアクアスタジアムなどでもイセエビと対面できます。
なお水族館内の展示に関しては、特別展示や諸般の都合により中止、中断していることがあるので、事前に各水族館に問い合わせておいた方が安心です。
特に子供を連れて行く場合には、がっかりさせないようにしましょう。
ちなみにイセエビとは、イセエビ科に含まれる数種のエビの総称であり、体長30センチ程度、重さ1キロ弱が一般的です。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

001

2016.1.19

スパイになれる!「inSPYre」の魅力を5つ紹介します!

2016年の2月7日、新宿にとある施設がオープンします。それはなんと、日本初、「スパイ施設」なのです。「inSPYre」と名付けられたこちら…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る