ちゃんと寝れるの?

キャンプに行って、野外のテントの中でちゃんと寝られるの?キャンプに行った事のない人は、必ずそう尋ねられます。
でも、キャンプの就寝には、まず、大自然に包まれて寝る、テントの中で寝る、寝袋に入って寝る・・・と、盛りだくさん!!そう、キャンプでは就寝も一つの大きな楽しみなんです。
ですから、本当にそのキャンプをエンジョイしていれば、きっとしっかり眠れるはずですよ。
が、しか?し、それでも本当に寝られるのかどうか、もっと具体的な提案をしてもらわないと納得出来ないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで一つ、キャンプでより快適に眠るコツをご紹介しておきましょう。
それはズバリ、寝袋に拘るのではなく、テントの内側に敷くマットに拘る事です。
現在市販されているキャンプ用のテントマットには大きく分けて2種類あって、一つは銀マット! 薄くて軽くて保温性と断熱性、それに防水性にも優れている割にはリーズナブルですから、多くの方がこの銀マットをテントの内側に敷き詰めておられます。
でも、お世辞にもクッションがいいとは言えないのがこの銀マットの最大の弱点で、芝生や砂地を敷き詰めたきちんと整地されているオートキャンプ場ならまだいいのですが、そうでないキャンプ場では、どうしても石ころなどが気になったり、夜中に背中が痛くなってぐっすり眠れないという事になったりもします。
それに対し、もう一つのキャンプ用マット、「エアマット」は、断熱性と保温性に加え、クッション性にも優れていますから、逆に安価な寝袋でも快適に眠れるという大きなメリットを持っているんですね。
しかも、昔のエアマットのように空気入れで一生懸命膨らまさなくても、最近のエアマットは広げると自然に空気が入るようになっていますから、持ち運びも開閉もとても容易です。
ただ、お値段がかなり張るのが最大のデメリットですが、購入する時は一回ですし、正に快適な睡眠はお金で買えるのだと想えば安いものでしょう。
それに、この考え方は、キャンプだからというものではなく、常日頃の寝具に対しても当てはまるものですよね。
という事で、キャンプで眠れるのかどうかを戸惑われる方には是非、エアマットを買うかどうかという事に戸惑わないでいただきたいものだと想います。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

imasia_13606157_M

2015.12.4

京都の温泉が楽しい3つの理由を知ろう

京都と言えば世界遺産そのものと言っても良い街並みのおかげで季節を問わずに観光客で賑わいを見せているエリアです。 ですがあまり知られていない…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る