お勧めの防寒着

pixta_15903480_M

冬場のキャンプは、当然の事ながら、皆さん十分な防寒対策を施されて行かれます。
ただ、春先や秋口のキャンプ、ましてや新緑目映いゴールデンウィークから初夏に掛けての頃のキャンプとなると、その感覚は大きく変わってしまわれるようです。
きっとこれは、街中の体感気温から判断されるからでしょう。
けれど、山の中は全く条件が違います。
確かに、昼間は心地良いかも知れませんが、日が落ちると一気に気温は下がります。
北国の山間部では0度を切る事も珍しくありませんし、南国でも、周囲を山に囲まれた地域では、ゆうに10度を切りますからね、要注意です。
真夏でない限り、やはり山へキャンプに出かける際は、必ずしっかりした防寒着を持参して行くべきでしょうね。
ところで、皆さんは防寒着と聞いて、まっさきに思い浮かべられるのがダウンジャケットではないだろうかと思います。
確かに、ダウンジャケットに勝る防寒着はないんですよ。
ただ、ダウンジャケットでは分厚すぎて動きにくいという難点があって、特に食事の支度をする時などは少々厄介です。
ましてや、春から秋にかけてのキャンプにダウンジャケットを持って行くというのは、とても大層にも感じられますよね。
そこで、今回私がお勧めしたいのが、よく作業着として使われている上下一続きのジャンプスーツです。
大抵は前あきファスナーになっていて、おなかから首筋まで、しっかりと風の侵入を防止出来ます。
しかも、元々作業着として作られていますから、軽くて丈夫で動きやすいと来ています。
取り分け、どんな動作をして、どれだけ中のシャツがずれても、肌が直接外気に触れるという事がないので、キャンプ時には最適な防寒着なんですね。
加えて、インナーの厚さや素材、そして何より、枚数で自由自在に体感調整出来ますから、3シーズンを通して使えるのも嬉しい点です。
就寝時に寝袋に入る際には、内側にカイロを何枚か張っておけば、少々気温が下がっても快適快適!!色やデザインもシンプルで、大自然の中にとてもフィットするジャンプスーツ、是非今シーズンのキャンプファッションに取入れてみられてはいかがでしょうか!?

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

pixta_17994319_M

2016.1.5

2016年申年の日本の冬を楽しむ日本猿たち

今年、平成28年の干支(えと)はサル! という事で、当然ですが、申年生まれの人が年男・年女という事になります。因みに、流石に10回目の年男・…

pixta_19174241_M

2015.12.5

秋の京都で絶対に見逃せない3か所

京都と言えば年中見頃とされている所ですが、一番の人気は秋です。 秋の京都はなまじ海外旅行よりも高くつくとさえ言われている程ですが、それは紅…

おすすめ記事

カテゴリー

  • カテゴリーなし
ページ上部へ戻る